2015/4/18 山梨県車体整備協同組合青年部総会 講演

山梨県車体整備協同組合青年部総会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営」と題して、講演をさせていただきました。山梨各地から40名ほど、ご参加いただきました。
板金工場が考えなければならないこと、ビジョン経営の必要性と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

主な内容
「未来のためにやるべきこと」
「ビジョン経営」

1時間半ほどの限られた講演時間の中で、途中にはディスカッションも交え、ご参加の方々が、「個人のビジョン」について考えていただく時間も設けました。

総会でお疲れのところ、ディスカションでは皆様、真剣にお話しされていました。ありがとうございました(^^)

アドガレージが各地の最初の講演でお伝えする内容は、今後、工場経営に必要な要素の概要・総論です。すぐにできないことであるからこそ、一歩一歩、知識を得て、具体的な行動に移し、結果の中からエラーを修正していくことが大切です。なにより行動しなければ、幸せな工場はいつまでたっても成り立ちません。

今後も各地でお話をさせていただき、お聞きいただいた方の工場の未来が明るくなりますよう、アドガレージとしても努力していきます!!!

山形車体協1

山形車体協2

山形車体協3

 

自動車業界向け2大セミナー

4月19日、栃木の部品販売店カトー様とブロードリーフ様に段取りいただき、宇都宮にて「集客」についてのお話をさせていただきます。前日には藤田さんのミッチェル見積もり講習会もあります。
定員になり次第、受付終了になってしまうようですので、ご興味ある方・ご参加いただける方は、アドガレージまでご連絡くださいませ(^^)申込用紙をお渡しします!

栃木県特別企画

2015/1/17 茨城自動車車体整備協同組合青年部様 第3回セミナー

茨城自動車車体整備協同組合青年部様 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営 第3回まとめ 工場経営の全体像」と題して、講演をさせていただきました。茨城県各地や栃木・新潟・群馬など遠方からも、20名ほどの方にご参加いただきました。

まとめとなる第3回講演では、第1回・第2回の振り返りをさせていただきながら、工場経営の全体像に触れ、最後に今年の行動計画を作っていただくという流れで4時間のお時間をいただきました。

【主な内容】
「第1回ビジョン経営・第2回集客の振り返り」
「工場経営に必要な5つの視点」
「2015年の行動計画」

3回目となる今回の講演、振り返りを、工場経営の全体像や実例と結びつけつつ触れたことで、「再確認できた」という感想をいただきました。また、すぐにお役にたてそうな「インターネット集客」「助成金」「経営管理システム」等、具体的な取組もご紹介いたしました。

また、セミナーや勉強会では、”実際の行動に結び付けていただく”ことががなければ意味がないので、”実際に今年何をやるか”を考えていただくための手法を取り入れながらのワークを行い、少しでも行動への土台をお持ち帰りいただいたと思っております。

行動や取組を実際に行うには、個人も工場も「計画」が必要不可欠です。また、その計画も実際のアクションプランに移すことにより、自動的に取り組みが進んでいく流れを作ることができます。

伊倉が今回お伝えしたことにより、ご参加工場様が明日からの取組に前向きな変化がおきますように!!!

 

茨城講演1

茨城講演2

茨城講演3

茨城講演4

2014/10/10 ブロードリーフ ユーザー会様 ご招待セミナー

ブロードリーフ ユーザー会様 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営」と題して、講演をさせていただきました。宮城県各地や周辺の地域の皆様、30名ほどにご参加いただきました。

近い将来に向け板金塗装工場が考えなければならないこと、ビジョン経営の必要性と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「ビジョン経営」
「ワークとディスカッション」

今回ご参加いただいたのは、板金塗装工場以外にも、整備業、部品商社、自動車ガラス業、自動車解体業、自動車電装業など、板金塗装塗装業周辺の業種の方々も多くいらっしゃいましたが、すべての業種に必要な内容でしたので、懇親会でも多くお声掛け、ご質問いただき、有意義な時間になったと思っております。

自社にとって大切なことを認識しつつ、ビジョンを明確にしながら、目標設定をし、その目標に向け、着実に経営をしていく。決して簡単なことではありませんが、10年後、20年後の工場を明るいものへ導くには、経営者・後継者の皆様にとっては必要不可欠な取組となります。

伊倉がお伝えした内容が、少しでも皆様の経営のヒントになることを願いつつ、今月末の盛岡講演に向け、準備いたします!!!

10.10フェイスブック写真①
10.10フェイスブック写真②
10.10フェイスブック写真③

2014/9/21 組織円滑化セミナー【自主開催セミナー】

渋谷T’Sフラッグにて、弊社代表 伊倉が「組織円滑化セミナー」と題して、セミナーを開催しました。各地から3社の後継者様にご参加いただきました。

今回はアドガレージが提供するサーサービスのうちの一つの柱である「人財育成・組織活性化プログラム」の中から、「組織の円滑化」に向けた内容をお伝えしました。

「板金塗装工場の組織における基礎知識」
「組織のルール作り」
「会議体の組成・整備」

前半は「各工場の組織における課題」を考えていただきながら、「良い組織とは?」「板金塗装工場の組織戦略を考えるための3S」について触れ、良い組織を作るための基礎知識を共有させていただきました。

次に各工場が作るべき「社内ルール」を具体例を中心にお伝えし、ワークで実際に社内ルールの構築をしていただきました。

最後に「会議体」について具体例をお伝えしながら、各工場に必要な会議体を考えていただきました。

社内ルールにしても会議にしても、目的をはっきりさせたうえで構築し、運用の際にはスケジュールをはっきりとさせることが重要です。

また、作っただけでは意味がありません、継続して運用し、改善していくことが必要となります。ご参加いただいた方々は、今後、アドガレージで無償でフォローアップを続けていきます。

「社員にやる気がない」
「社員が指示待ち状態」
「社員のマナーが悪い」
「工場の課題がいつまでたって解決しない」
「職場の整理整頓ができていない」
「報連相の漏れが多い」

全国の板金塗装工場様と接している中で、この「人」「組織」への取り組みに対しての悩みは、ほぼすべての工場が持ち合わせています。そんな中、「揉めたくないからそっとしておこう」「どうせ自分が何をいっても変わらない」と思っている方が多い印象があります。

しかしながら、必ず組織は変えられますし、必ず変わります!!!

しっかりと取組の整理をしながら、強い意志を持って改善を図っていけば、変わらない組織はないのです。板金塗装業界は技術力で成り立ってます。もちろんその技術力は「人」によって支えられている。アドガレージでは、その「人」を活かすことにより、技術者のモチベーションを高め、結果、各工場が活性化していくようなコンテンツをこれからも提供していきます!!!!

9.21フェイスブック画像①

9.21フェイスブック画像②