3月9日 広島講演アンケート セミナーについて

2014年3月9日、広島県自動車車体整備商工組合 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営」と題して、講演をさせていただきました。その際にいただいたアンケート結果について、公開させていただきます。

まずはセミナーの内容についてのアンケート結果です。「今日のセミナーの内容はいかがでしたか?」「セミナー講師はいかがでしたか?」という質問に対してどちらも約9割の方が良かったと答えていただきました。

セミナー内容

セミナー講師

 

また、アンケートを書いていただいた方から

「現在、自分が置かれている立場、状況に大変あった内容でとても興味深かった」

「自社の実例をうまくまじえてあるので取り組めそうに感じた」

「同業の方で経験をされた内容をもとに成功していくお話だったので非常に解りやすく共感できた」という感想をいただきました。

 

続きまして、参加された方の悩みや課題についてです。

皆様の悩みや課題について大きく分類すると以下の通りになります。

①    経営・集客に関すること

「経営者の考えをどう現場に落とし込むか」「会社を安定させたい」という意見があり、短期的な視点のみのその場限りの経営で、長期的な視点を持った工場経営ができてないという実情が反映された内容になっています。

②    人事・事業継承・求人などの人・組織に関すること

社員の育成・教育や人事の仕組み作り、組織運営に対する課題にたいしてのご意見が多かったようです。また「鈑金塗装をやりたい若者がいない」という意見があり、業界全体として人員が不足しているという課題が浮き彫りになっています。

③    財務に関すること

経営と関連しているが財務状況に危機感を感じている人が多いため、課題に挙げられている方が多いようです。それにはまず、「経営数値の明確な現状把握」が必要となります。アドガレージでは今夏をめどに、「板金塗装工場業務管理システム」をリリースし、各工場の経営の「見える化」のお手伝いをさせていただく予定でおります。

仕事上の悩み

 

 

続いて、今後受けたいセミナー・交流会についてです。

「現在の仕事上の悩みや課題」として経営、人・組織、集客に関する悩みがそれぞれありましたが、やはりそれに関連するセミナーや交流会をご希望の方が多いようです。もっとも多かったのが、経営理念・ビジョン作成についてです。今まで経営理念やビジョンがあいまいで講演を聞いていただくことにより、ビジョン経営の必要性を実感したものの、実際に経営理念・ビジョン作成の作り方が分からない、またはその活かし方がわからない方が多くいらっしゃいました。

次にチームワーク、人事評価等の人に関連する内容を多くいただきました。また、技術研修とフロントマン研修については社員教育として需要があると思われます。

そして、WEB集客に関しては、どうにかして一般の新規顧客を得ることができるかという中で最大の興味をいただいている集客手法ではないかと思います。これは、実際にアドガレージでもコンテンツ化を急いでいる分野であり、今後、サービスとして提供していきます。

セミナー・交流会

 

以上、このように各講演会でいただいたアンケートを分析することで、どのような知識・情報・ノウハウをお伝えすれば皆様のお役にたつことができるのかを精査し、今後の講演活動に生かしつつ、板金塗装工場の発展に寄与できればと考えております。全国からの講演のご依頼をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA