Currently viewing the category: "セミナー情報"

ブロードリーフ ユーザー会様 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営」と題して、講演をさせていただきました。宮城県各地や周辺の地域の皆様、30名ほどにご参加いただきました。

近い将来に向け板金塗装工場が考えなければならないこと、ビジョン経営の必要性と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「ビジョン経営」
「ワークとディスカッション」

今回ご参加いただいたのは、板金塗装工場以外にも、整備業、部品商社、自動車ガラス業、自動車解体業、自動車電装業など、板金塗装塗装業周辺の業種の方々も多くいらっしゃいましたが、すべての業種に必要な内容でしたので、懇親会でも多くお声掛け、ご質問いただき、有意義な時間になったと思っております。

自社にとって大切なことを認識しつつ、ビジョンを明確にしながら、目標設定をし、その目標に向け、着実に経営をしていく。決して簡単なことではありませんが、10年後、20年後の工場を明るいものへ導くには、経営者・後継者の皆様にとっては必要不可欠な取組となります。

伊倉がお伝えした内容が、少しでも皆様の経営のヒントになることを願いつつ、今月末の盛岡講演に向け、準備いたします!!!

10.10フェイスブック写真①
10.10フェイスブック写真②
10.10フェイスブック写真③
 

渋谷T’Sフラッグにて、弊社代表 伊倉が「組織円滑化セミナー」と題して、セミナーを開催しました。各地から3社の後継者様にご参加いただきました。

今回はアドガレージが提供するサーサービスのうちの一つの柱である「人財育成・組織活性化プログラム」の中から、「組織の円滑化」に向けた内容をお伝えしました。

「板金塗装工場の組織における基礎知識」
「組織のルール作り」
「会議体の組成・整備」

前半は「各工場の組織における課題」を考えていただきながら、「良い組織とは?」「板金塗装工場の組織戦略を考えるための3S」について触れ、良い組織を作るための基礎知識を共有させていただきました。

次に各工場が作るべき「社内ルール」を具体例を中心にお伝えし、ワークで実際に社内ルールの構築をしていただきました。

最後に「会議体」について具体例をお伝えしながら、各工場に必要な会議体を考えていただきました。

社内ルールにしても会議にしても、目的をはっきりさせたうえで構築し、運用の際にはスケジュールをはっきりとさせることが重要です。

また、作っただけでは意味がありません、継続して運用し、改善していくことが必要となります。ご参加いただいた方々は、今後、アドガレージで無償でフォローアップを続けていきます。

「社員にやる気がない」
「社員が指示待ち状態」
「社員のマナーが悪い」
「工場の課題がいつまでたって解決しない」
「職場の整理整頓ができていない」
「報連相の漏れが多い」

全国の板金塗装工場様と接している中で、この「人」「組織」への取り組みに対しての悩みは、ほぼすべての工場が持ち合わせています。そんな中、「揉めたくないからそっとしておこう」「どうせ自分が何をいっても変わらない」と思っている方が多い印象があります。

しかしながら、必ず組織は変えられますし、必ず変わります!!!

しっかりと取組の整理をしながら、強い意志を持って改善を図っていけば、変わらない組織はないのです。板金塗装業界は技術力で成り立ってます。もちろんその技術力は「人」によって支えられている。アドガレージでは、その「人」を活かすことにより、技術者のモチベーションを高め、結果、各工場が活性化していくようなコンテンツをこれからも提供していきます!!!!

9.21フェイスブック画像①

9.21フェイスブック画像②

 

このたび、アドガレージでは、板金塗装工場の以下のようなお悩み

「社員にやる気がない」
「社員が指示待ち状態」
「社員のマナーが悪い」
「工場の課題がいつまでたって解決しない」
「職場の整理整頓ができていない」
「報連相の漏れが多い」

等を解決するために以下のセミナーを予定しております。

☆組織円滑化セミナー
日時 9/21(日)10:00~
場所 都内の研修ルーム(おってご連絡します)

内容
・良い組織とは?
・組織のルール作り
・組織円滑化のための会議体の組成・整備

※取組に必要な各種フォーマットをお渡しいたします

自社の社員・組織に悩みや不満がありながら、解決策が見当たらず、今まで放置されていた方、これを機に行動に移しましょう!

詳細はfacebookイベント・メールマガジンにて告知いたします。
定員に限りがありますので、ご興味あるかたは、日程を抑えていただき、メッセージくださいませ。

 

山形県自動車車体整備協同組合 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営 第3回 集客」と題して、講演をさせていただきました。山形各地からはもとより、他県からもご参加いただき、25名ほどのセミナーとなりました。

今回は板金塗装工場が企業として考えていかなければならないことを前半に、後半は集客についての基本的な考え方と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「課題解決法」
「集客」

後半、大江青年部会長様・伊藤前理事長様から、今回の連続講演に至った趣旨や想いのお話もいただき、また、3回目にして「今回が一番良かった」との評価を、参加者の方々からいただきました。

集客については、基本的に考えなければならない事をお伝えし、ディスカッションも交え「個々の工場のUSP(独自の強み)」について考えていただく時間を設けました。その後、実際に私たちが取り組んでいる具体的な集客手法について共有をしました。

非常に熱心に耳を傾けていただき、ディスカッションの場でも活発な意見が飛び交い、皆様真剣な表情で、お話をされていたのが印象的でした。

今回も「ホームページを作ったけど効果がない」という方々が数人いらっしゃいました。まずは「自社の強み」を把握して、ユーザーの目線を考えたホームページを作成し、その後の運用を行わなければホームページの効果は出ません。

アドガレージでは、工場経営の問題点を常に把握し、それを一歩一歩解決していくにはどうすればよいかを、今後も考え続けていきたいと思います!!!!

 

山形セミナー1

山形セミナー2山形セミナー3 山形セミナー4

 

☆6/28(土)山形
山形自動車車体整備協同組合  様
「存続発展するための工場経営 第3回 集客」
3時間の内容で代表伊倉が講演いたします。
[内容]
・未来のためにやるべきこと
・課題の抽出と整理
・集客の全体像
・集客するうえで考えなければならないこと
(自社のウリを考える)

 

静岡県自動車車体整備協同組合 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「これからの板金塗装工場経営」と題して、1時間の講演をさせていただきました。静岡各地から50名ほど、ご参加いただきました。

今回は板金工場がこれから考えなければならないことについて、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「課題の抽出と整理」

静岡では今まで5講演をさせていただきましたので、以前お会いした方も多くいらっしゃって、今までと違う観点をお持ち帰りいただきたく内容を構築しました。1時間という限られた時間の中でしたが、企業として本来考えなければならないことを、2つのポイントに絞りお話をしました。

私たち、板金塗装工場は各工場とも将来の向けてやらねばならないことが多くあります。将来に向けた危機意識を高め、ひとつひとつロジカルに経営課題をつぶしていく、そのことで10年先・20年先の工場の姿が決まってきます。我々アドガレージでは、その課題を具体的に解決していくコンテンツを準備しております。夏頃から徐々にリリースしていきますので、よろしくお願いいたします!!!

静岡車体協

静岡車体協2

 

茨城自動車車体整備協同組合 青年部 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営 第2回 集客」と題して、講演をさせていただきました。茨城各地からはもとより、他県からもご参加いただき、30名ほどのセミナーとなりました。

今回は板金塗装工場が企業として考えていかなければならないことを前半に、後半は集客についての基本的な考え方と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「課題解決法」
「集客」

途中、滝口様・持丸部会長様から、今回の連続講演に至った趣旨や想いのお話もいただき、おかげさまでたいへん熱のこもったセミナーとなりました!

集客については、まずもって、基本的に考えなければならない事をお伝えし、ディスカッションも交え「個々の工場のUSP(独自の強み)」について考えていただく時間を設けました。その後、実際に私たちが取り組んでいる具体的な集客手法について共有をしました。

非常に熱心に耳を傾けていただき、ディスカッションの場でも活発な意見が飛び交い、皆様笑顔で、前向きなお話をされていたのが印象的でした。

集客はどのような媒体を使ってどのように広告宣伝をするかどうかよりも、根本に「自社の強み」について、深く考える必要があります。

よく、「ホームページを作ったけど反応がない」「チラシをまいたけど、反応がない」という声を耳にしますが、それはお客様に対して、「自社の強み」を説明せず、また「自工場にあずけた時のメリット」を説明していないからです。

アドガレージでは、「集客」という経営にとって非常に大切な取り組みに対して、しっかり根本から考えていただくためのサポートを、今後も続けていきます!!!

茨城車体協

茨城車体協2

茨城車体協3

茨城車体協4

 

長野県自動車車体整備協同組合 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営」と題して、講演をさせていただきました。長野各地から40名ほど、ご参加いただきました。 近い将来に向け板金塗装工場が考えなければならないこと、ビジョン経営の必要性と私たちの実際の取組について、お伝えしました。 「未来のためにやるべきこと」 「課題の抽出と整理」 「ビジョン経営」 皆様、真剣に耳を傾けていただき、「多くの板金塗装工場に足りない視点」を意識していただけたのではないかと思います。 私たち、板金塗装工場は、お客様からも、社員からも、社会からも選ばれる存在になっていかなければなりません。それには明確なビジョンを持ち、そこへ向けた計画経営をしていく必要があると、アドガレージでは考えています。全国の板金塗装工場のお力に少しでもなれるようにこれからも活動していきます!!! 長野講演写真

長野講演写真2

長野講演写真3