渋谷T’Sフラッグにて、弊社代表 伊倉が「組織円滑化セミナー」と題して、セミナーを開催しました。各地から3社の後継者様にご参加いただきました。

今回はアドガレージが提供するサーサービスのうちの一つの柱である「人財育成・組織活性化プログラム」の中から、「組織の円滑化」に向けた内容をお伝えしました。

「板金塗装工場の組織における基礎知識」
「組織のルール作り」
「会議体の組成・整備」

前半は「各工場の組織における課題」を考えていただきながら、「良い組織とは?」「板金塗装工場の組織戦略を考えるための3S」について触れ、良い組織を作るための基礎知識を共有させていただきました。

次に各工場が作るべき「社内ルール」を具体例を中心にお伝えし、ワークで実際に社内ルールの構築をしていただきました。

最後に「会議体」について具体例をお伝えしながら、各工場に必要な会議体を考えていただきました。

社内ルールにしても会議にしても、目的をはっきりさせたうえで構築し、運用の際にはスケジュールをはっきりとさせることが重要です。

また、作っただけでは意味がありません、継続して運用し、改善していくことが必要となります。ご参加いただいた方々は、今後、アドガレージで無償でフォローアップを続けていきます。

「社員にやる気がない」
「社員が指示待ち状態」
「社員のマナーが悪い」
「工場の課題がいつまでたって解決しない」
「職場の整理整頓ができていない」
「報連相の漏れが多い」

全国の板金塗装工場様と接している中で、この「人」「組織」への取り組みに対しての悩みは、ほぼすべての工場が持ち合わせています。そんな中、「揉めたくないからそっとしておこう」「どうせ自分が何をいっても変わらない」と思っている方が多い印象があります。

しかしながら、必ず組織は変えられますし、必ず変わります!!!

しっかりと取組の整理をしながら、強い意志を持って改善を図っていけば、変わらない組織はないのです。板金塗装業界は技術力で成り立ってます。もちろんその技術力は「人」によって支えられている。アドガレージでは、その「人」を活かすことにより、技術者のモチベーションを高め、結果、各工場が活性化していくようなコンテンツをこれからも提供していきます!!!!

9.21フェイスブック画像①

9.21フェイスブック画像②