茨城自動車車体整備協同組合 青年部 勉強会にて、弊社代表 伊倉が「存続発展するための工場経営 第2回 集客」と題して、講演をさせていただきました。茨城各地からはもとより、他県からもご参加いただき、30名ほどのセミナーとなりました。

今回は板金塗装工場が企業として考えていかなければならないことを前半に、後半は集客についての基本的な考え方と私たちの実際の取組について、お伝えしました。

「未来のためにやるべきこと」
「課題解決法」
「集客」

途中、滝口様・持丸部会長様から、今回の連続講演に至った趣旨や想いのお話もいただき、おかげさまでたいへん熱のこもったセミナーとなりました!

集客については、まずもって、基本的に考えなければならない事をお伝えし、ディスカッションも交え「個々の工場のUSP(独自の強み)」について考えていただく時間を設けました。その後、実際に私たちが取り組んでいる具体的な集客手法について共有をしました。

非常に熱心に耳を傾けていただき、ディスカッションの場でも活発な意見が飛び交い、皆様笑顔で、前向きなお話をされていたのが印象的でした。

集客はどのような媒体を使ってどのように広告宣伝をするかどうかよりも、根本に「自社の強み」について、深く考える必要があります。

よく、「ホームページを作ったけど反応がない」「チラシをまいたけど、反応がない」という声を耳にしますが、それはお客様に対して、「自社の強み」を説明せず、また「自工場にあずけた時のメリット」を説明していないからです。

アドガレージでは、「集客」という経営にとって非常に大切な取り組みに対して、しっかり根本から考えていただくためのサポートを、今後も続けていきます!!!

茨城車体協

茨城車体協2

茨城車体協3

茨城車体協4