組織の円滑化・活性化に向けては、ルールや会議など、仕組みを作り、継続運用することが必要です。

が、その手前の段階で、経営者・後継者の皆様は意識を変える必要があります。

自社の社員に対し、
「なんで、何度言ってもわからないんだろう」
から
『社員が行動に結びつかないのは、自分が伝えきれていないから』
と、意識を変化させ、社内ルールとして明文化・マニュアル化し、目的をはっきりさせた会議を定期運用することにより、ルールを浸透させる。

伝えたつもりでは、社員は変わりません。しっかり伝えるための仕組みを作ることも、経営者・後継者の大事な仕事になるのです^ ^