「ホームページはあるけれど、集客できていない」
板金塗装業界でもよく聞くことがあります。

巷にはホームページ作成会社が乱立しています。特に最近目に付くのが「安く作る、出来が悪い」パターンです。ホームページはその目的をはっきりさせ、自社の強みをしっかり反映させなければ、効果は出ないのです。

また、集客は「流れ」です。顧客との各接点それぞれに、集客効果を上げる施策を打つ必要があります。その中でホームページは顧客の「認知・関心」を促す打ち手です。たくさんの人から認知され、関心を持たれなければ、問い合わせや来店にはつながりません。

認知→インターネット広告
関心→「売り」とデザインと使い勝手がしっかりしたWEBサイト

顧客との接点の最初の段階である「認知・関心」をいかに効果的に取り組むか。アドガレージでは「効果のあるプラットフォームを使用する」「自社の強みをパターン化する」など、高い品質の打ち手を出来る限りコストを抑え提供しています。